Koyoparadise

光洋パラダイスは、Macと音楽と映画のことなど


コメントする

初心者の自転車タイヤチューブ交換(2)

次男の自転車修理に使ったリムテープが気になってもう少し調べてみた。知人からもらったクロスバイク(GIANT CROSS 2000)の修理のことを念頭のおいている。

使ったのはこれ↓と同じようなモノ。

Amazon.co.jp: キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル リムテープ12mm×5m Y-2585: スポーツ&アウトドア

12mm幅のリムテープで検索してみたら、ブログ記事で参考になるというか、状況が極めて似ているのを見つけた。

格安クロスバイクのリムテープ交換 など

上記記事のリムの中がいっしょ。いわく「へんちくりんなリム」らしい。12mm幅のリムテープをダイソーで発見したそうだ。

タイヤ交換 GIANT CROSS 3 | 自転車に乗りたい

こちらはおなじGIANTの入門モデルのタイヤ交換の記事だが、次男の自転車のリムテープと同じものの写真がある。CROSS2000のタイヤからはみ出していたリムテープの幅も12mmだったから、たぶん同じものが使われているのだろう。この記事では長尺のリムテープを下地にして、元からあったリムテープを被せている。同じことを次男の自転車でしようと試みたが、途中で切れていたので、うまく繋がらずに、あきらめた。

リムテープの交換。 – ジンセイハフリースタイル

こちらは、純正が12mmだったところに14mmのリムテープを装着した記事。

そして、最初に装着されていたと思われるリムテープがたぶんこれ↓ でも店頭にはなかった。純正状態に近い状態にするなら、これを通販で買うのが良いのかも。

オッフル リムフラップ 2本組 軽快車用 サイクルベースあさひ

以上の記事からわかったことは、CROSS2000の修理用リムテープはクロスバイク用の14mmとかを使えばいいということ。


コメントする

初心者のタイヤチューブ交換

次男(高2)の自転車がパンクしているというので、連休中に修理することにした。

あさひで買ったシティーサイクル。でもちょっとだけクロスバイク風。

パンク修理キットを片手に自転車置場に赴いた。まずは、パンクしている前輪のチューブを取り出した。バケツのなかで空気の漏れている箇所を点検しようと、空気を入れると、何と瞬時に抜ける。

???

何度か繰りかえしているうちに、チューブを点検していた次男が亀裂を発見。2cmほどのスジが2cmほど離れて2本、進行方向と平行に走っていた。これは修理では直らん。タイヤチューブの交換やな。タイヤには、26x1ー318 と書いてあり、これがタイヤサイズのはず。

次男を連れて、夕食の買い物ついでに、近くのダイエーまで出かけて自転車売場を覗いてみた。

Amazonでは700x38cのタイヤチューブが780円だったから普通のシティサイクルのチューブはもっと安いだろうと踏んでいたが大きな間違いだった。ダイエーではチューブはどのサイズも888円だった。

ところが、26x1ー318というサイズがない。よくみると、26×1 3/8 というサイズがある。タイヤに表記されていたのは、318ではなくて、3/8(8分の3)だったのだ。

チューブ交換方法をネットで調べると、前輪を外して作業している。あとで分かったが、クロスバイクのチューブ交換方法のページをみてたようだ。そうとは知らず、早速前輪を外してみる。ちょっと手こずったけど、わりと簡単だった。

チューブを外そうとすると、なんと、細長い平たいゴムのようなものが、リムからベローンと剥がれ落ちてきた。リムテープと呼ばれる物で、リムのスポークの付根の裏側にチューブが直接当たるとパンクするから、それを防止するテープということだった。

リムテープを新調しないとチューブをはめることができない。作業は翌日に持ち越し。

昨日の翌日の今日、あさひでリムテープ買ってきて、タイヤチューブを入れた。最初に装着してあった26x12mmというのは売ってなかった。ネットでもなかった。店員に聞くと、普通のシティサイクルだったらこれでいいという長尺の粘着テープを買って来た。最初に装着してあったテープより薄くてちょっと心配ながらも、そのまま巻き付けてチューブとタイヤ装着。

ひとつずつ、ゆっくりと自転車のメンテナンススキルを身につけましょう。

新しく覚えたこと

1.前輪の外し方

2.タイヤの外し方

3.タイヤチューブの入れ方