Koyoparadise

光洋パラダイスは、Macと音楽と映画のことなど

CanonのプリンタはMacでフチなし印刷のはみ出し量設定できない

コメントする

昨年末に年賀状をフチなし印刷しようとして、フチなし印刷ではみ出し量を設定できないことに気づいた。

夏にDVDトールケースのジャケットを作成して印刷したときには、それほど気にならなかった。A4用紙にDVDジャケットサイズにトンボもいれて、あとでカッターでカットするとジャケットサイズだった。しかし、用紙サイズを「はがき縁なし」に設定し、用紙処理で「用紙サイズに合わせる」「縮小のみ」にチェックを入れても拡大されて5mmくらいはみ出る。

きっとWiFi接続にしてて、ドライバーがAirprintだから、と思っていた。だからUSB接続用のドライバーをCanonのサイトに探しにいって、簡単インストーラーでインストしてみた。上手くいくハズだった。しかし、システム環境設置でプリンタの追加をしようにも専用ドライバーは見つからず、Airprintしかインストールされてなかった。

あらためてCanonのサイトを探してみたが、TS8230用のプリンタードライバーがない。TS8030にはある。TS8130からは、Cacnon独自のドライバーがない。当然Windows用はあるが、Mac用がないのだ。

試しにTS8030用のドライバーをインストールしてみたが、印刷設定はできるけど、プリンターはうんともすんとも言わず、印刷はできなかった。

これは、いったいどういうことか。

ネットを検索してみて、下記のブログをみつけて、ようやく事情が分かった。Canonは2018年モデル以降、公式にMac用ドライバーはサポートしていないということだった。なんてこった。

今時のIJプリンタ 2019 の続き。悲報:CanonはMac対応を正式にやめた模様。

もう二度とCanon製プリンターは買わない(以前、EPSONのプリンタは二度と買わないと書いた気もする)。

しかし上記サイトをよくよく読むと、これはAppleの方針でもあるみたいだ。

AirPrint について

ならば、AppleはグラフィックデザインツールとしてもMacには、もっとまともなAirprintを提供すべきでしょう。AppleはMacのプロシューマー向けの環境をどんどん切り捨てていっているように思う。Macの終焉が近い気がする。

追記(備忘録):インクジェットハガキにフチなし印刷する方法

Pagesの場合:《ページ設定》で、「はがき縁なし」「100%」を選択。《プリント》で「メディアと品質」をトレイもメディアも「自動選択」(プリンタ本体で用紙をちゃんとセットしておく前提)。「用紙処理」の「用紙サイズに合わせる」にチェック、「出力用紙サイズ」を「はがき 縁なし」にして「縮小のみ」にチェック。→「プリント」→はみ出し量大のまま印刷。

Adobe Acrobat の場合:《プリント》ダイアログを開いて、《ページ設定》で「はがき縁なし」「100%」を選択。《プリンター》で、「メディアと品質」をトレイもメディアも「自動選択」(プリンタ本体で用紙をちゃんとセットしておく前提)。「用紙処理」の「用紙サイズに合わせる」にチェック、「出力用紙サイズ」を「はがき 縁なし」。ただし「縮小のみ」がチェックできない状態。一旦「プリント」ボタンをクリックして、「ページサイズ処理」の「カスタム倍率」を97%〜96%にする(←これが大事)。カスタム倍率ではみ出し量を少し制御できる。

作成者: koyoparadise

Macを愛する中年の建築CGクリエータだったんですが、ここ数年CGやってないので、既に化石状態。気になることは、iPhone、動画編集(DVD)、クラシック音楽、Yes、まちづくりなど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中