Koyoparadise

光洋パラダイスは、Macと音楽と映画のことなど


コメントする

CanonのプリンタはMacでフチなし印刷のはみ出し量設定できない

昨年末に年賀状をフチなし印刷しようとして、フチなし印刷ではみ出し量を設定できないことに気づいた。

夏にDVDトールケースのジャケットを作成して印刷したときには、それほど気にならなかった。A4用紙にDVDジャケットサイズにトンボもいれて、あとでカッターでカットするとジャケットサイズだった。しかし、用紙サイズを「はがき縁なし」に設定し、用紙処理で「用紙サイズに合わせる」「縮小のみ」にチェックを入れても拡大されて5mmくらいはみ出る。

きっとWiFi接続にしてて、ドライバーがAirprintだから、と思っていた。だからUSB接続用のドライバーをCanonのサイトに探しにいって、簡単インストーラーでインストしてみた。上手くいくハズだった。しかし、システム環境設置でプリンタの追加をしようにも専用ドライバーは見つからず、Airprintしかインストールされてなかった。

あらためてCanonのサイトを探してみたが、TS8230用のプリンタードライバーがない。TS8030にはある。TS8130からは、Cacnon独自のドライバーがない。当然Windows用はあるが、Mac用がないのだ。

試しにTS8030用のドライバーをインストールしてみたが、印刷設定はできるけど、プリンターはうんともすんとも言わず、印刷はできなかった。

これは、いったいどういうことか。

ネットを検索してみて、下記のブログをみつけて、ようやく事情が分かった。Canonは2018年モデル以降、公式にMac用ドライバーはサポートしていないということだった。なんてこった。

今時のIJプリンタ 2019 の続き。悲報:CanonはMac対応を正式にやめた模様。

もう二度とCanon製プリンターは買わない(以前、EPSONのプリンタは二度と買わないと書いた気もする)。

しかし上記サイトをよくよく読むと、これはAppleの方針でもあるみたいだ。

AirPrint について

ならば、AppleはグラフィックデザインツールとしてもMacには、もっとまともなAirprintを提供すべきでしょう。AppleはMacのプロシューマー向けの環境をどんどん切り捨てていっているように思う。Macの終焉が近い気がする。

追記(備忘録):インクジェットハガキにフチなし印刷する方法

Pagesの場合:《ページ設定》で、「はがき縁なし」「100%」を選択。《プリント》で「メディアと品質」をトレイもメディアも「自動選択」(プリンタ本体で用紙をちゃんとセットしておく前提)。「用紙処理」の「用紙サイズに合わせる」にチェック、「出力用紙サイズ」を「はがき 縁なし」にして「縮小のみ」にチェック。→「プリント」→はみ出し量大のまま印刷。

Adobe Acrobat の場合:《プリント》ダイアログを開いて、《ページ設定》で「はがき縁なし」「100%」を選択。《プリンター》で、「メディアと品質」をトレイもメディアも「自動選択」(プリンタ本体で用紙をちゃんとセットしておく前提)。「用紙処理」の「用紙サイズに合わせる」にチェック、「出力用紙サイズ」を「はがき 縁なし」。ただし「縮小のみ」がチェックできない状態。一旦「プリント」ボタンをクリックして、「ページサイズ処理」の「カスタム倍率」を97%〜96%にする(←これが大事)。カスタム倍率ではみ出し量を少し制御できる。


コメントする

シカゴ・ファイア・シーズン5 最終回の続きは

昨年12月からAmazon Primeで配信が始まった『シカゴ・ファイア』。知人が吹替え版の翻訳をしているので、最初はその翻訳に感心しながらゆっくり見ていたのだが、シーズンが進むにつれて、すっかりドラマ自体にハマってしまった。そしてシーズン5を1日深夜(2日明け方)にようやく見終わった。Amazon Primeで配信しているのは、シーズン5まで。

衝撃的なラスト。絶対続きを観たくなる。でも、シーズン6・7・8と続いているし、ポスターとかみてるかぎり、主要メンバーの入れ替わりもなさそうなので、ほぼ全員助かるのだろうということは想像できる。しかし、それでもマウチはヤバイよなあ。いずれにしても、どうやったら助かるのが、知りたい。ちゃんと科学的根拠を示して辻褄を合わせてほしい。

しかし、残念ながらシーズン6はAmazonでは有料でも配信していない。AXNで観るしかなさそうだが、ネット配信はしていない感じ。

いろいろと検索して、米国Amazon PrimeでEpisode1のみ無料配信しているのがわかった。米国Amazonのアカウントでログインしてみたが、日本からは動画にアクセスできなかった。VPNで米国のサーバーを指定したら観ることができた。ところが喋りが速すぎてほとんど会話が聞き取れない。日本語訳のありがたさを痛感した。

英語の字幕ファイル(サブタイトル)はないものかと探してみたら、シリーズ6の全エピソードの字幕を見つけてダウンロード。グーグル翻訳にかけると、ほぼ理解できる日本語になる。日本語らしい表現にするために手を加えたいのはやまやまだが、とりあえず意味がわかればいいので、そのまま読む。

なんと、放水するのだ。

すかさずクルースが、蒸し焼きにするのかと抗議する。

シーズン5の最終話まで、救助活動中に放水したことはなかった。なぜなのか、クルースの言葉でやっとわかったが、高温蒸気で大やけどするからいうことだったのだ。だから、燃えさかる火の中を救助しなければならかったのだ。9時お前に放水してはいけないという正しい科学的知識がないと緊急時に恐ろしいことになる、ということや。勉強した。

ボーデン署長は他に方法がないといって実行。高温の蒸気に耐えようとするそれぞれの隊員の姿が映し出される。

そのあとはどうなったか。適切な説明はないまま、みんな助かった。やけどは負うけど、みんな命に別状なしやで。あり得んやん。

そういえば、セブライドが交通事故を起こして現場から逃げたときは、なぜおとがめなしだったのか分からなかった。何か見逃したのだろうか。

なんか、このあたり、釈然としないまま、ドラマは進行していく。ま、いいか。ドラマやし。