Koyoparadise

光洋パラダイスは、Macと音楽と映画のことなど

ICレコーダが壊れたので、iPhoneで代用するも、データ管理できない

コメントする

カミさんが愛用していたSONY製のICレコーダが壊れた。トイレに落としたらしい。再生しようとしても液晶画面に何も表示されなくなった。たまに音がなることもある。ネットで調べて見ると2009年製だった(ICD-UX71)。いつ買ったかは分からないが製造年からすでに10年経っているので、そろそろ買い替え時期だったのかもしれない。

電源ボタンがないなど、操作性はとても悪い。録音可能ウォークマンの代わりと思って使おうとすると、戸惑うことばかりだった。よくこんなものを10年も使い続けてきたものだ。

最近、ミュージカルやコーラスの活動をしているので、お稽古場での練習用音源の録音に欠かせないという。軽量なので持ち運びやすいので、移動時間に聞いて練習しているらしい。そのため、新しく買い替えるなら、同じくらい軽いのがいい、という。ICD-UX71のカタログ上の重量は40gだった。

どうせ新しいICレコーダを買うなら、PCM録音ができる高性能のがいいと思って調べてみると、安価なものなら1万円程度で出回っている。

TASCAM リニアPCMレコーダー DR-07MK2-JJ(¥10,980)

ZOOM ズーム ハンディレコーダー H1n (¥11,301)

もちろん上をみたらキリがないが、1万円なら、壊れたICレコーダの販売価格と変わらない。世の中進化したものだ。ただし重い。220g〜360gほどになる。

ICレコーダを新調しなくても、iPhoneで録音できるやん、と言うと、初めて聞いたかのように驚いて、ボイスメモアプリを開いてみた。すると、なんと過去に録音したデータが引き継がれて残っていた。

過去にiPhoneで録音したことがあるのだが、すぐに使うのをやめたようだ。機種変更するまえのiPhone6Sの容量は16GBだけだったので、写真やミュージックですぐに満杯になって、録音のための容量を確保できなかったからだ。

今かみさんが使っているのはiPhoneXSの256GB、でかいし重いけど、容量はたっぷりあるので、ボイスメモも充分使える。

ということで、しばらくボイスメモを使うことになった。

ところが、ボイスメモには録音したデータを管理する機能がない。iCloudで他のデバイスと共有することはできるが、同じiPhone内のミュージックに転送して、ライブラリとして登録するには、MacのiTunesを介さないといけないのだ。母艦のないiPhoneユーザーには使い勝手が悪い。これでは10年前のICレコーダと変わらない。

iPhoneのボイスメモで録音を共有する/同期する

なんとかiOS内で自立してほしいものだ。

作成者: koyoparadise

Macを愛する中年の建築CGクリエータだったんですが、ここ数年CGやってないので、既に化石状態。気になることは、iPhone、動画編集(DVD)、クラシック音楽、Yes、まちづくりなど。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中