Koyoparadise

光洋パラダイスは、Macと音楽と映画のことなど


コメントする

iMac Late 2012 を外付SSDで高速化!

iMac 21.5-inch Late 2012 を外付けSDDを使って高速化したので、備忘録として記録しておきます。

名前から分かるように今私が使っているiMacは5年も前の機種。macOSの進化に追随できていない。

いつの頃か忘れたが、Finderがとてつもなく遅くなって、ファイルリストのウィンドウ一つ開くのに分単位の時間がかかることがあるようになった。Spotlightのインデックス作成が混乱してるとか、Time Machineのバックアップに時間がかかるとか、いろいろとmacOSそのものにも問題もあって、それらはそのたびに解消してきた。一番困るのがTimeMachineのバックアップ処理がはじまると全く使えなく状態になることだった。そのときはバックアップをキャンセルするしかない。アンチウィルスも1度時間をかけて全スキャンしたあとは更新ファイルのみチェックするだけにしたし、Onyxでのお掃除も結構こまめに行ったけど、OSのバージョン後に一度遅くなってしまったらその状態が定常となって、それ以上に機能回復することはなかった。どのバージョンか忘れたけど。

ソフト的に改善しないなら、マシン性能の問題で、メモリが不測しているからだと思っていた。過去に古いiMacのメモリを4GBから8GBに増設したさいに劇的に早くなったという経験をしたからだ。が、どうもOSの仕組みが変わったためにFinderの挙動も変わったためだったらしい。そのOSに合わせるようにAppleはMacBookなどの内蔵DiskをSSDにし、iMacもSSD(またはFusionドライブ)が主流となった。どっちが先かしらないが、おかげで古いiMaで古い回転型ハードディスクを使ってると、カーソルがぐるぐると回り続け、イライラの連続ということになったわけ。ということを知ったのも、もう随分前のことで、参照元さえ忘れてしまった。

OSXについては、一度ざっくりと過去の資産を斬り捨てたときがあって、そのときは古いマシンがよみがえったかのように速くなったこともあったので、基本的に間違った方向には進んでいないのかもしれないが、Finderの仕様がかわったことに対して、古いユーザーがどのように対処すべきかくらいはAppleから直積アナウンスすべきだと思う。てか、私が知らなかっただけなのかもしれないが。

イライラの原因はSSDに換装すれば解決するかもしれないと分かったのだが、SSDは容量が小さくて高価なので、手頃な値段で1TBの内蔵ハードディスクをSSDに換装するのは難しい。しかし、これまたどこかのサイトで外付のSSDでも十分な効果があるということを知った。半信半疑だったが、ぐるぐる回るカーソルを見てる時間が日に日に増え、イライラも頂点に達しつつあったし、SSDの価格もこなれてきたので、ようやく重い腰を上げてみることにした。

前置きが長くなったけど、結論としては、劇的に快適になった。すばらしい!
新しく買い替えたくらいの速度差を感じる。
もっと早く外付けSSDにすべきだった。

用意したのは240GBのSSDとケースで、Amazonで合わせて11,451円。
SanDisk SSD PLUS 240GB [国内正規品]メーカー3年保証付 SDSSDA-240G-J26 10,152円
Inateck 2.5インチ HDD外付けケース USB 3.0接続 9.5mm 7mm 2.5″ 1,299円

この記事を書いているときには発注してからまだ1週間しか経っていないのに、SSDが9,681円に値下がりしている。ちょっと悔しい。

SSD本体とケースはAmazonでの売れ筋と価格から決めた。肥大化したライブラリーファイルと書類ファイルを移行するためには120GBでは足りなくて、500GBが欲しいところだが、効果がなかったときの投資としては高額になるので、中庸の250GBが価格的にもちょうど良い感じだった。250GBクラスでほぼ1万円。500GBクラスだと2万円強が相場。SunDiskは240GBで10,152円、480GBで約1万7千円で、少し容量が少ないけど一番安価だったたので、迷った末に240GBにした。あとから思ったが、7千円の差額なら480GBのほうがアカウントの移行作業が楽だった。

ケースは逆にあまり安価過ぎなモノを選んだが、1000円未満のものもあり、驚いた。

17日の日曜日、台風が大阪を直撃すると予想されていた日の午前中に商品が届いたので、早速作業を開始。

まずmacOS sierra 10.12.6をインストール。これが結構短時間で終わったことにすでにSSD効果を感じた。数日前に2TBの外付ハードディスクにシステムをクリーンインストールして、システムが必要とする容量を確認しようとしたとときは3時間くらいかかっていたのに、SSDの場合は画面に表示されるとおりの時間内で終了した。はっきり覚えていないが90分くらいだったように思う。

このとき、アカウントの移行をあとから実施したら、書類ファイル等の容量を研鑽するのにやたらと時間がかかるので、途中で強制終了した。強制終了しても、再起動するとそのまま使えた。

SSDにも同じようにクリーンインストールしてからアカウントの移行を後回しにするつもりだったが、意外とすんありいったので、そのままアカウントの移行をすることにした。ところが、延々とまたされた挙げ句、移行先のディスク容量が足りないと言われて断念。内蔵HDのiTunesデータはすでに外付けに移動済みだったが、写真データを移動させるのを忘れてて、その膨大な容量のために、なかなかアカウントの移動ができなかったというわけだった。

ユーザー以下のフォルダ容量から100GB単位のフォルダを別の外付HDDに移動させて、アカウント移行のさいにコピーする内容を200GB以下になるようにした。この作業は最初にしておくべきだった。

iMac内の巨大フォルダはiTunesと写真とiMovie。写真についてはiPhotoもセットになっていて、今更iPhotoを使うことはないし、iPhotoフォルダの中身は実態のないエイリアスだという話も聞いたので、このさい捨てても良かったけど、一応コピーしておいた。

DropBoxとGoogleドライブについてはそのまま移行先にもコピーして使うことにした。iCloud Driveの場所が分からないけど、そのままコピーされそうだったので敢えて探そうとしなかった。そういえば、クラウドを使うと、クラウドとローカルの同期に時間がかかって、起動してから普通に使えるようになるまでとても時間がかかるようになっていたが、それも解消した。

アプリケーションは移行しないことにした。気になるのはアドビのアプリが使えるかどうかだったが、容量的に無理なので仕方ない。結果として、それでよかった。アプリは旧システムディスク内のアプリケーションにおいたままで、使用することができた。しかしアプリ毎に挙動が異なり、なにもせずにそのまま起動できるものと、アプリケーションは移動されましたと場所を再確認してくるものと、再インストールしないと使えないモノまでいろいろ。再インストールすると新システムディスク内のアプリケーションにインストールされるが、旧システムディスク内のアプリケーションから起動しても使えるので、新しくインストールされたアプリは消去しても構わない。

アカウントの移行によっていろんなゴミがまた残ることになるが、クリーンインストールからアプリを足していくのを考えるゴミが累積するのも仕方ないとあきらめた。だから、ゴミを引きづったままSSDに移行したが、それでも劇的に早くなったことに感動。

そうそう、一番の感動は、文字入力が普通になったということ。文字入力が普通にできない状態が長らく続いていたのだが、これもどういう理由か分からない。入力システムが「ことえり」でなくなってからの現象だった。

とくかく快適。起動ディスクを外付けのSSDにすると、どうしてここまで処理速度が改善するのか、誰か教えてほしい。

そこで、長男が使っているiMacでも同様の改善を図ろうとしたが、長男のiMacは2009年製。USBが2.0の時代。SSDをつなぐ意味がないのだった。

つづく