Koyoparadise

光洋パラダイスは、Macと音楽と映画のことなど


コメントする

mobilesite

iPhoneでみると、モバイル用の
表示してくれないと、文字が小さくて読めない。

全てのテーマが自動的にモバイルサイト表示してくれるわけではないことが分かった。

というわけで、明朝体はがまんすることにした。


コメントする

Webの文字はゴシック表示がいい

カミさんのホームページをリニューアルした。AppleがMobilemeのサービス停止するのを機会に、iWebでのホームページ編集をやめようと思っていた。カミさんでも使える簡単なホームページ作成アプリはないものかと、かつて使ったことのあるRapidWeaverを候補にしていたのだが、なんとなく先延ばしにしていたら、いつの間にかMobilemeのサービスも終了していた。

そこうしているうちに、カミさんが半年ぶりくらいにホームページを更新したいと言い出した。iWebで更新してしまうと、またややこしいことになると思ったので、とりいそぎ、無料のホームページデザインテンプレートを探して、HTMLをテキストエディタで編集しながら、古いコンテンツを移植した。CSSとHTMLをいじりながらデザインを調整するのは、実ははじめてだった。(今まではおまかせモード)

ビデオアルバムとニュースレターのページ(インデックスと複数の個別ページ)のリニューアルに難儀したが、ひたすら手作業で作るしかなかった(この時点でDreamweaverがあることを思い出したが、一からやり直す気にならなかった)。

完成してみると、まあまあの出来。もとのテンプレートも扱いやすかったのだろう。けど、これをまた更新するのは大変だと思って、Dreamweaverでサイト管理することにした。

カミさんのホームページをリニューアルしたあと、自分のこのブログをみてみると、なんと文字の小さいことか。老眼がきつくなったので自分自身が読むのに辛い。というわけでテーマを変えてみた。

いろいろ探していて、coraline というテーマが気に入った。で、プレビューしてみると、とてもいい。でも、どこかで見た様な気がした。

実は本日、「タルコフスキー生態80周年記念映画際」のことを誰かのTweetで知って、検索して閲覧した pandora films というサイトと同じデザインだった。確かめてみるとwordpress.com を使ってた。

このテーマを使うことにした。文字が大きく表示されるようになって、とても良い。しかし、しばらく(半日)たって見てみると、どうもしっくりこない。なぜか。

記事の本文が明朝体だからなのだ。

古くからMacを使っていると、Webブラウザはゴシック体で表示する癖がついてしまっているようだ。きっと私だけのことだろうけど、Webの文字はゴシック表示のほうが認識しやすくて良い。

というわけで、少し大きめのサイズのゴシック体で表示できるテーマの Splendio に変えてみた。